抜かない・削らない治療

天然歯を守る、保存治療にこだわっています

抜かない・削らない治療ごう歯科クリニックでは、できるかぎり天然の歯を残す”保存治療”を実践しております。こういった、できるだけ抜かない・削らない治療を行う考え方をMI(ミニマルインターベンション)と呼びます。

これは予防歯科の考えに通ずるものですが、予防は病気にかかることを防ぐこと、MIは、病気にかかったあとの処置において、患者様の肉体的・精神的な負担を抑えて処置することをさします。

抜かない治療について

抜かない治療重度に進行した虫歯など、どうしても抜歯を回避できない場合はありますが、当クリニックではできるかぎり抜歯を回避するための治療を優先して行います。

例えば歯周病治療です。抜歯の原因第1位は虫歯ではなく歯周病だと言われています。この歯周病治療を最優先として考え、予防処置を行う。

また、歯の神経を行う根管治療においては、じっくり時間をかけ、ていねいに処置することで根管病巣の再発を防ぎます。

削らない治療について

削らない治療まったく削らずに虫歯の治療を行うことは不可能ですが、この削る面積を限りなく少なくするもしくは、削るという選択ではなく、レーザーで除去するという手法を用いて、天然歯を守ります。

一度削った天然歯は元には戻らず、天然歯と同等に機能するつめ物素材は現在開発されておりません。つめ物をすれば見た目は元通りに戻りますが、噛んだときに対になる歯を傷つけたり、噛み合わせそのものに悪影響与える場合もあるのです。

当院では極力、天然歯を削らないように処置します。