スタッフ紹介

院長 明石 豪

明石豪

私は子供の頃から松戸で開業した父の歯科医院によく遊びに行っていました。患者さんと話をする父の姿や、不安や痛みを持って来院される患者さんが笑顔で帰っていく姿を近くで見て、いずれは自分でも歯科医院を開業したいと考え歯科医になりました。

明石豪大学院での専攻は、「歯をなんとかして残していく」という「保存科」でした。そこで専門的な治療技術、またレーザーの歯科応用の研究を行い、国内外の学会での多数の発表を経験し、論文もインパクトファクターの付く雑誌に掲載されました。

大学院時代より、研究と同時に外来診療経験も積み、大学院を卒業後は助教として診療・研究・学生教育を行ってきました。副医院長として勤務後、実家の歯科医院(明石歯科医院)で、開業に向けた準備期間を兼ねて診療を行ってきました。

明石豪口は消化器のひとつであり口腔内が病んでいると全身に影響します。

口腔内の機能が向上すると全身の病も回復に向かうという結果を何度も経験し、一生涯ご自身の歯で過ごしていただきたいという考えから、なるべく歯を抜かない・削らない治療を心がけています。

そして、来院される患者さんのほとんどは、何かしら歯科に関するお悩みを持っています。

ごう歯科クリニックスタッフ

一人ひとりの患者さんの治療時間を大事にし、「この歯科医院にきてよかった」、「この先生に診てもらえて安心」と思ってもらえるような、技術・人格を備えるように日々精進するとともに、今まで自分が培ってきた良質の歯科医療、予防知識を提供していきたいと思っています。

ここ印西地域は、小児から高齢者まで幅広い年層の方が住んでおり、患者さん一人一人に合わせた治療を心掛け、地域に根付いた医院を作っていきたいと考えております。一般歯科をはじめ、予防歯科や審美歯科などの幅広い治療を取り扱っていますので、お口に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

  • 経歴

    ・平成14年 東京歯科大学 卒業
    ・平成18年 東京歯科大学保存科大学院 卒業
    ・平成18年 歯学博士号取得
    ・平成18年 東京歯科大学保存修復学講座入局 助教
    ・平成20年 丸の内センタービル歯科 勤務
    ・平成21年 同 副院長
    ・平成23年 明石歯科医院 勤務
    (開業準備を兼ねて実家の歯科に勤務)

  • 所属・学会

    ・歯学博士号
    ・東京歯科大学総合診療科非常勤講師
    ・レーザー歯学会認定専門医
    ・日本歯科保存学会
    ・日本歯周内科学会認定ドクター
    ・日本口腔インプラント学会
    ・ITI Study Club
    ・日本歯科医師会

インプラント専門医 原俊浩

日本口腔インプラント学会専門医