インプラント

最適な環境と設備で安全・安心なインプラント治療を

インプラント

インプラント治療は外科処置ですので、充分に安全を確保した環境で行うことが大切です。

では、「インプラントに最適な環境」とはなにか?

ごう歯科クリニックでは、「インプラントオペ前の審査・診断が正確であること」、「執刀医の経験・レベルが高いこと」、「オペ室などの最新設備下で行うこと」の3つが揃った環境であると考えます。

ごう歯科クリニック 安全インプラント治療3つのポイント

  • インプラント専門医と麻酔医が在籍

  • オペ専用の個室完備

  • CTや生体モニター など最適な環境

インプラント担当医・麻酔医が安全なインプラント治療を実施

ごう歯科クリニックにはインプラントと麻酔のプロフェッショナルが在籍しており、インプラントを安全に行うためのチーム医療の体制を整えております。また、これにより難症例に対応することができます。

インプラント担当医について

インプラント専門医インプラント治療は一般歯科治療と違い、神経や動脈などに近い箇所のオペとなるため、特にオペの正確さを求められます。

当院でインプラント治療を行う場合は、実績・経験ともに豊富なインプラント担当医が執刀いたします。

「日本口腔インプラント学会専門医」の資格を有する歯科医師は全体の全体の数%にしか満たず、大変基調な人材です。資格取得にも多くのインプラントの知識、経験、論文の発表などが必要となり、インプラント治療のプロフェッショナルと呼ばれる医師ですのでどうぞ、ご安心ください。

麻酔医について

麻酔医インプラント治療を行う際には必ず麻酔を行います。

通常、インプラント治療を行う場合は局所麻酔を行いますが、インプラントが怖い、複数本のインプラントを入れる場合、骨を増やす手術などには静脈内鎮静法といって、点滴麻酔のようにして、ウトウトした状態にさせ、インプラント治療を行うことができます。

この麻酔の微妙な調整を行う際には特に技術、経験が必要となり、これもまた、麻酔の知識、経験の高い麻酔のプロフェッショナルである「麻酔医」にお任せします。

インプラントを安全に集中して行えるオペ室完備

インプラント治療を行う際は、執刀医が集中できる環境で行うことが大切。他の歯科治療が隣でされていて慌ただしい空間では執刀医の集中が切れる可能性がないとは言い切れません。また、他患者のウィルスなどの感染リスクが多くなるため、当院でインプラント治療を行う際は、専用のオペ室(個室)で行います。

  • 完全個室のオペ室

    完全個室のオペ室
    医師の集中できる環境でのオペとなります。

  • オペ中の様子

    オペ中の様子
    感染リスクを徹底排除して安全に行います。

CTや生体モニターなど、最新の設備下で安全なインプラントを

インプラント治療でもっとも大切なのは、術前の審査・診断および、オペ中の患者様の生体管理です。どんなに熟練の医師でもレントゲンでは見えない部分があり、3次元CTでの診断(神経の位置、アゴの骨の厚さ、病巣の確認など)はインプラントには必須です。

また、オペ中の脈拍や、呼吸状態など、生体を管理することも安全にインプラントを行う、および、万が一に備えることにおいて大事なこととなります。

  • 歯科用 3DCT

    歯科用 3DCT
    3次元画像で精密に審査・診断を行います。

  • 生体モニター管理

    生体モニター管理
    脈拍をモニター管理し、万が一に備えます。

  • 医療用酸素を完備

    医療用酸素
    万が一の蘇生処置用として完備しております。

  • 世界最高水準の滅菌処理

    クラスB滅菌器
    クラスB滅菌器使用による感染リスクの排除。

印西市、千葉ニュータウンで安全インプラントをご希望の方へ

昨今、インプラント治療における事故がメディアに取り上げられ、問題になっております。インプラント治療をご検討中の皆さまにおかれましても心配なさっている方もいらっしゃると思います。

しかし、ごう歯科クリニックでは、最新の設備、熟練のプロフェッショナルが執刀し、術前の診断を徹底して行い、万が一の蘇生準備も万端の環境を整えており、安全に、安心してインプラント治療が行える準備をしておりますので、どうぞ安心してご相談ください。

※患者様の持病等の理由でインプラント治療をお断りすることがありますので、ご了承下さい。