入れ歯

豊富な入れ歯素材からニーズにあった入れ歯をご提案します

入れ歯

ごう歯科クリニックでは、豊富な種類の入れ歯を取り揃え、患者様のニーズにあったものをご提案できます。「入れ歯が当たって痛い」、「頑丈な入れ歯が欲しい」、「入れ歯だとわからない見た目にしたい」などなど、あなたのお悩みを解決させていただきます。

  • 自然で目立たない入れ歯が欲しい

  • 委託ない柔らかい入れ歯が欲しい

  • 薄くて頑丈な入れ歯が欲しい

目立たない入れ歯なら「スマイルデンチャー」

スマイルデンチャースマイルデンチャーは金属を使用しない入れ歯です。

金属を使用しないので、薄く、軽く、弾力が強いのが特長で、入れ歯をつけているくらいのつけ心地に感じられます。また、金属アレルギーの心配がないのも大きなメリットです。

また、大きく口を開いたり、笑っても、金属が見えないので、入れ歯を入れているとわかりません。

メリット 金属を使用しないので、金属アレルギーの心配がない。高負荷でも折れにくい。
デメリット 残っている歯の状態によっては使用できない場合がある。定期的(2~3年程度)に作り直す必要があるので、コストがかかる。

痛くない柔らかい入れ歯なら「シリコン義歯」

シリコン義歯入れ歯の床の部分がシリコン樹脂で出来ている入れ歯です。

シリコンは生体親和性が高く、アレルギーの心配がなく、さらに、大変やわらかい素材のため、入れ歯が当たって痛いということはありません。

また、強く噛みこむことができるようになるため、咬合力の向上も期待できます。

メリット 外れにくくなり、よく噛めるようになる。
デメリット アゴの骨がだんだんと痩せてくることで、徐々に合わなくなってくる。

薄くて丈夫な入れ歯なら「金属床義歯」

金属床義歯入れ歯の床の部分に金属を使用している入れ歯です。

金属には、コバルトクロム、チタンのどちらかを選択していただくようになりますが、どちらも生体親和性が高く、アレルギーの心配はありません。また、お口の中で金属の味を感じることはありません。

さらに、1番の特長は、「熱をしっかり通す」ということで、食べ物を美味しく味わうことが出来ます。

メリット ほとんどの症例で使用できる。汚れがつきにくく清潔。
デメリット 修理が難しい。金属アレルギーの原因になる可能性がある。