痛みを抑えた無痛治療

痛みを抑えた治療ができます-歯科無痛治療-

無痛治療

歯医者さんが怖いという方はぜひ、ごう歯科クリニックへお越しください。当クリニックでは、「無痛治療」といって、痛みを抑えた治療が可能です。お子さまをはじめ、歯医者嫌いの方にこそ、通院いただきたいと思っております。

”ごう歯科式無痛治療”のご紹介

ごう歯科では、レーザー治療、電動麻酔の使用、ぬる麻酔を3本の軸とした痛みを抑えた治療が可能です。この3つをそれぞれご説明します。

  • レーザー治療
  • 麻酔液を温める
  • ぬる麻酔

痛みを感じないレーザー治療器で治療する

レーザー治療レーザー治療は、従来の治療法に比べて痛みや不快感が少なく治療が早いなど多くのメリットがあります。

当院で使用しているレーザーは、虫歯治療だけではなく歯石除去・歯周病治療・口内炎治療などにも使用できる最新型のレーザーです。削る、切るなどを行わず、単にレーザーを当てるだけですので、痛みはほぼありません。

お子様や歯医者さんが苦手な方におすすめで、まったく痛みを感じなかったと評判です。

麻酔液を人肌に温めて、痛みを緩和させる

電動麻酔針麻酔を行う際に、痛みを感じる原因は、①針が刺さるのが痛い②冷たい液体が体内に侵入してくることで痛みを感じる③ドバっと液が入ってしますと圧迫され痛みを感じる、の3パターンがあります。

当院では、①に関しては現存する歯科麻酔針の中で1番細い30ゲージと呼ばれるサイズの針を使用しており、②に関しては、麻酔液を温める機械を使用して人肌に温め、③に関しては、一定の速度でゆっくり注入するようにし、麻酔時の痛みを緩和させております。

表面麻酔と呼ばれる、”ぬる麻酔”を使用する

ぬる麻酔上記の麻酔針をさす前に、表面麻酔といって塗る麻酔を使用します。

針タイプとは違いゲル状の麻酔で、塗った部分が数分でマヒします。マヒした部分に電動麻酔器にて針をさして麻酔するわけです。ただでさえ痛みを感じにくい電動麻酔器プラスぬる麻酔によって無痛麻酔を実現します。

痛みどころか、まったく刺した感覚すらなかったと評判をいただいております。

無痛でできる治療は限られますので予防することが大事

無痛治療

歯科治療において、すべての治療を無痛で行うことは不可能です。治療時は麻酔が効いていて痛みを感じませんが、切れたあとには痛みを感じることがほとんどです。その場合はあらかじめ痛み止めを処方しますが、1番痛みを予防できることは、虫歯にかからないようにすることです。虫歯にならないために定期的に歯科医院で行う定期健診&クリーニングを受診してください。