詰め物・被せ物

銀歯や欠けた歯をキレイな白い歯に再形成できます

審美歯科

歯科用セラミックを使用して、銀歯を白い自然な天然歯のようにしたり、歯の形を変えたりすることができます。見た目には天然歯にしか見えないため、”審美歯科”と呼ばれます。大きく、かぶせ物、つめ物、ラミネートベニアに分けられます。基本的には自費診療の範囲となりますが、部位によっては保険適応にて治療することができます。

かぶせ物の種類と特長

削った部分が多く、歯全体に処置が必要な場合に用いられるのがかぶせ物です。虫歯の度合いが激しい場合や、根管治療などの歯の神経処置を行なったりしたときに必要になります。基本的に自費診療の対象となります。

  • セラミックのかぶせ物

    セラミックのかぶせ物かぶせ物すべてがセラミック(陶材)で形成されており、見た目が自然で、金属アレルギーの心配がありません。奥歯、前歯ともに有用で、かぶせ物の第一選択肢となります。

  • メタルボンド(金属に陶材を上塗り)

    メタルボンド(金属に陶材を上塗り)金属の地の上にセラミックを焼き付けたものです。ベースが金属ですので、強度に優れ、奥歯に最適です。歯ぐきとの境目など金属が少し露出するので、前歯には不向きです。

保険適応にて白いかぶせ物を入れることができます

セラミック製のかぶせ物はこれまで、すべてにおいて自費診療の対象でしたが、2014年4月から、第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目、5番目の左右の歯)が、CAD/CAM装置(3Dプリンタのような、コンピュータ解析連動で、自動で削りだす装置)使用に限り、ハイブリットレジンの被せ物での治療が保険適応になりました。

レジンというのは歯科用プラスティックで、保険の詰め物や被せ物に使用されてきましたが、ハイブリットレジンとは、このレジンよりも丈夫な素材です。しかし、複雑な色みに対応できないことや、長期使用で経年着色してきます。

メリット ・安価で白いかぶせ物を手に入れられる
デメリット ・着色しやすい
・自費のかぶせ物より割れやすい
・4番目、5番目の歯にしか保険適応されない

つめ物の種類と特長

削った面積が少ない場合には、つめ物になります。軽度の虫歯治療や、少し歯が欠けたなどの場合はつめ物で処理していきます。

  • セラミックのつめ物

    セラミックのつめ物削った部分の型をとり、それに合わせたセミラック製のつめ物を作り、接着します。着色や摩耗の心配がありません。

  • レジン充填(歯科プラスチック)

    レジン充填(歯科プラスチック)削った部分に歯科プラスチック材を流し込み、固めて詰める方法です。長期使用で着色や、摩耗を起こしますが、保険適応でき、安価です。

ラミネートベニア(つけ歯)

ラミネートベニアラミネートベニアは、ネイルの「つけ爪」に似ています。

「つけ爪」ならぬ、「つけ歯」のようなもので、ご自身の歯の上にセラミックでできた歯チップを接着します。つけ爪とは違い、半永久的に取れる心配はありません。

ラミネートベニア、すぐに歯の形を変えられることから、美容分野では多く取り入れられており、芸能人が短期間で歯並びを良くしたい時などによく活用されます。

ただし、歯の表面を削る必要があるのが難点です。

 メリット  ・簡単に歯の形や歯並びを変えられる
 デメリット  ・歯の表面を削ることになる