矯正歯科

歯ならび矯正に関する無料相談を行なっております

矯正実績豊富な矯正歯科医による、「歯ならび相談」を行なっております。費用はもちろん無料です。

・矯正をしたいけど不安
・治療費ってどれくらいかかるの?
・どれくらいでキレイな歯ならびになるの?

などなどご質問やご不安にお答えいたしますので、お気軽にご相談下さい。

※セカンドオピニオン対応。他医院で相談された場合も当院に相談可能です。

目立たない矯正という選択肢

  • マウスピース矯正
  • 舌側矯正
  • 白い矯正装置

矯正歯科歯ならびにコンプレックスがあるけれど、歯並びの矯正になかなか踏み切れない原因の第1位は「矯正装置が目立つ」ということです。

そんな皆さまに当院からは「目立たない矯正」をご提案させていただきます。

目立たない矯正装置は3種類の中からお選びいただけます。この中から患者様のご希望やライフスタイルにあった矯正装置を選びます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正マウスピース矯正とは、その名の通り、金属のワイヤーや装置を一切使わず、透明なマウスピースを毎日装着していただき歯を動かしていきます。

透明なマウスピースですので、目立たず、お食事や歯磨きの際に取り外しが自由で、快適な矯正方法です。

メリット ・違和感が少ない
・薄く透明なので見た目にわかりづらい
・取り外しが簡単

デメリット ・子どもの矯正には使えない
・ワイヤー矯正より治療費が高い
・症例によっては使用できない

裏側矯正(舌側矯正)

裏側矯正(舌側矯正)裏側矯正(舌側矯正)とは、歯の表面ではなく、裏側に矯正装置を取り付ける矯正方法です。

裏側に装着することで、大きく口を開いた時には装置が見えますが、会話程度では見た目には矯正していないように見えます。

芸能人やモデルさんに多く選ばれている矯正方法です。

メリット ・矯正していることがわかりづらい
・比較的、多くの症例に使用できる
デメリット ・装着中、滑舌が悪くなる場合がある
・舌を切る場合がある
・歯磨きがしづらい

透明な矯正装置

白い矯正装置形は通常の矯正装置と変わりませんが、装置とワイヤーが白色です。金属のシルバー色に比べ、装置が目立ちません。

症例の制限がなく、どんな症例にも使用することができます。また、比較的安価で矯正をすることができます。

メリット ・金属の装置に比べ、目立たない
・多くの症例に使用できる
デメリット ・裏側矯正、マウスピースよりは目立つ

こども(小児矯正)の矯正について

小児矯正多くの方が、子どもの歯ならびを変えたいということで当院を受診されますが、小児矯正の本来の目的は、歯ならびを良くすることではなく、永久歯がキレイに生えそろうようにスペースを確保することなのです。

小児のアゴの発達を適正な状態に調整し、永久歯がまっすぐストレスなく生えてくるようにします。永久歯の歯ならびが悪くなる原因は、子どもの時のアゴの成長が悪かったことが原因なのです。

アゴの大きさの調整は子どものうちしかできない

小児矯正成人になっても歯ならびの矯正は可能ですが、アゴの骨は成長しきっており、調整できないため、抜歯をしなければならなかったり、アゴの骨や歯をを切ったりしなければならないことが多くあります。

しかし、アゴの骨が成長し続けている子どものうちは、その成長を正しい方向に導くことができます。アゴを適正な大きさに調整することで、その後に生えてくる永久歯を抜くことやアゴの骨を再調整する必要はなくなります。

つまり、本来のあなたの骨や歯を傷つけることなくキレイな歯ならびを実現できるのです。

「抜歯矯正」と「非抜歯矯正」について

「抜歯矯正」と「非抜歯矯正」矯正をするときに歯を抜くか抜かないかは大きな問題です。キレイに並べるためだけに天然歯をむやみに抜歯してしまうことは、本来のあなたのかみ合わせをズラすことになるからです。

とはいえ、アゴの大きさに比べ、あきらかに歯の面積が大きい場合は抜歯が必要になります。

もしくは、全体的に歯をすこしずつスライスしスペースを作ることもできますが、歯ならびが大きくズレている場合はこれは不可能です。

当院の矯正は、「抜かない矯正」をベースに、やむえを得ない場合のみ抜歯を行います。